自然薯豆知識 畑の紹介 作業風景 調理と保存方法 ご注文とお支払
自然薯豆知識
2005年12月08日
自然薯(じねんじょ)は、古来より滋養・強壮・強精食として珍重されてきました。
 市販のナガイモ・ヤマイモ・ツクネイモ・イチョウイモ・ダイショなどとは全く別のものです。
自然薯(じねんじょ)は、自然生(じねんじょう)とも呼ばれ、栽培されているナガイモに対して自生しているヤマノイモの称。


 一般の店やスーパーなどでは、手に入れることが出来ない健康山菜です。めずらしい、おいしい物との評判が高い商品です。誕生日プレゼント・贈答品・お中元・お歳暮用品として人気が高まっています。



■強精の食としては、殊に有名な自然薯ですが、その秘密は精力を高めるアルギニンを豊富に含有するとともに、アミラーゼ・ウレアーゼ・オキシターゼ・グルコシターゼ・タカラーゼ・ポリフェラーゼ等、多彩な酵素が生態の生合成力を高めて精力・スタミナの増強に効果を発揮すると言われています。


■滋養の食として知られる自然薯は、タンパク質・ビタミン・ミネラル等その栄養価はもちろんのこと、消化酵素アミラーゼを効率に含み、一緒に食べた食品の消化をも促すことによって栄養効率を高め、胃腸をはじめ内臓全般に幅広く効果を表し、貧血や高血圧の予防・神経痛・腸ガンの予防にも役立つと言われています。


■強壮の効能は、自然薯のヌルヌルにあり、グロブリンとマンナイの結合で成分中のムチンという物質はタンパク質を無駄なく活用させ、新陳代謝や細胞の増殖機能を促進し、常食すると基礎体力を増強し、虚弱体質・呼吸器障害等に効果があると言われています。

自然薯とナガイモの違い
ジネンジョ ナガイモ
日本原産 中国原産
直径は3㎝内外と細く、長さは1m弱と細長い 直径は6㎝内外と太く、長さ60㎝程で短い
表皮を取らないで食べられる 表皮をとって食べる
粘度が強く、オロシ金ですっても下に落ちない 粘度は自然薯を約3倍にうすめた程度である
ヒゲ根が密に生えている ヒゲ根の生え方が荒い
折口をみると陶器のように真白で目がつんでいる 折口をみると分子の荒いのが分かる
味・風味が抜群によくヤマイモの類では最高品位のものである 肉質は水っぽい
栽培自然薯栄養分析表
項目
定量値
タンパク質
3.2g
脂質
0.2g
炭水化物
22.4g
灰分
0.7g
ビタミンB1
0.06g
ビタミンB2
0.02g
ビタミンC
8mg
カルシウム
4mg
リン
36mg
ナトリウム
7mg
1.5mg
[(株)環境理化学研究所]
Count:22527